絶対的な成功の鍵…
活きたノウハウが
ここにあります

    最新刊のご紹介

  • 私のマーシーレベルは無限大

ホワイトボックスは、創業依頼過去100件近い医療機関の支援を行ってきました。新しい日本の病院をつくりあげるときに、私たちの経験と実績を、是非これからの医療に活かしてください。

Read more

日本の医療環境はこれから大きく変わろうとしています。多くの病院が患者を減らし業績を落とすなか、マネジメントをしっかりと行うことで存続が可能です。私たちは、複数のヘルスケアファンドと連携し、病院再生事業を行っていきます。

Read more

香港において医療介護支援の法人や海外進出支援を行う法人設立するとともに、海外進出支援のための事業活動を行う事業を行っています。現在、私たちが直接ベトナムでの事業展開を行っているだけではなく、アセアン進出を行うための一般社団法人アセアン進出支援協会を立ち上げ、アジアに出る人材育成や事業展開支援のための活動を開始しています。

Read more

社会保障費の聖域なき削減が打ち出されている医療介護では、マネジメントの巧拙が病院や介護事業存続に影響します。幹部や人材育成を恒常的に行う体制構築が、病院トップマネジメントの重要な役割です。ホワイトボックスではは病院に必要なマネジメント能力の育成を図る院長教室や事務長塾を開催しています。

Read more

日本での医療や介護マーケットは有望なマーケットの一つです。あらゆる業種において、事業拡大を図ることが可能です。医療の知識を短期間に修得し、戦略に活かすための活動を行うために、私たちは全力をあげて貴社を支援をします。

Read more

私たちはながく、医療や介護は言うに及ばず、流通業や製造業、建設業や飲食業、遊技場等さまざまな業種のコンサルティングを行ってきました。あらゆる事業が保有する目的を達成できるよう、 企業再生をも含めた事業の組み立てやオペレーション、 税務会計に関する徹底的な支援を行っていきます。

Read more

Latest Works

Loading

最新医療経営2018年1月号 弊社社長 石井友二の対談が掲載されました

201801

「日経 健康セミナー21スペジャル」掲載記事

nikkei201510_ishii_s

日経ヘルスケア「サービス付き高齢者向け住宅」 企画特集に掲載されました

20131217

月刊金融ジャーナル2014年2月号】「 高齢者市場のドアノッカーとして」 を執筆しました

201402r

ドクタートレジャーボックス~ニュースな記事

(18JUN01)「競争が激しくなったらやってみること」(3)

 さらに「販売政策」、これはプロモーションである。自院や事業所のことをよく知ってもらうために何をしてきたのかを反芻する。もっとも成果のあがるプロモーションは、対応の質である。他に負けない正確性や迅速性をもった仕事をすることが口コミでの評判を増すといったことにつながる。地域住民向けのセミナーを開催するといったことも勿論プロモーション


(18MAY20)「競争が激しくなったらやってみること」(2)

 ベンチマークのポイントは、4P+1Pある。4つのPは場所(place)、製品(product)、価格(price)、販売政策(promotion)であり、1Pは、絶対に目立つ非凡さ(purplecow?)をいう。医療機関や薬局はすでに「場所」が決まっているが、医療機関であれば、在宅を行うことで「待つ医療から出向く医療」へ構造を転換することや、薬局であれば新たに薬局を開設するこ


(18MAY01)「競争が激しくなったらやってみること」

 どこでも競争のない世界はありえない。近隣でも、また遠方においても、競合となるところがあり、そのために業務が阻害されることがある。患者さんや地域住民が何を基準として自分達を選択しているのかを常に考える必要がある。いくら自信があっても、客観的に自らを評価し、どこに課題があるのかを把握し、解決を行い続けることが自らを優位に置く方法であ


(18APR20)「地域での健診ラリー」(3)

 地域住民の健康で豊かな生活を守ることが診療所の役割であるとすれば、こうした企画で地域貢献することも意味がある。 さらに、プロモーションの一つとして、地域に浸透し増患することへの期待をもつことも十分できる。連携を基礎とした企画である。地域での健診ラリー開催に是非挑戦してみてはいかがだろう。


(18APR10)「地域での健診ラリー」(2)

 健康ラリーはいくつかの診療所が集まり、それぞれ得意な検査を行うことで、地域住民の全体としての管理をしていこうというものである。 イベント期間中に、ある診療所は骨密度を、あるところは血圧測定、身長体重、心電図と測定を進め、1ヶ月の間に地域住民の健康をすべてチェックするという試みである。  診療所は休日の午前中に診療所を開けておくと


(18APR01)「地域での健診ラリー」

 医療制度改革のテーマの一つは機能分化である。機能分化は、業態別のそれをいう。急性期は急性期らしく、そして慢性期は慢性期らしくということを意味している。 機能分化はその前提として連携をテーマにあげている。自院のできないことは他の病院に、ということがそれだ。急性期は急性期の患者を治療し、治療が完了すれば他の業態の病院に、ということに


(18MAR20)「先生とスタッフの姿勢が噂をつくる」(3)

 仕事の前段階の処理が遅延しているために、最後の患者さんと接点をもつ担当者が批判されたり、悪い印象をもたせることの事例である。 但し、受付の担当者の仕事ぶりが患者さんに評価される状況まで引き上げられているのであれば、患者さんは正しい認識により、この人が困るのであれば、文句は言うのはやめよう、とまで考える、といわれる。ここから理解で


(18MAR10)「先生とスタッフの姿勢が噂をつくる」(2)

 親しみやすい、優しい、説明してくれる、笑顔、信頼できるということが先生への期待であり、スタッフには笑顔、仕事が迅速である、丁寧であるといったことを求められると言われている。 それらは、考え方を変えることで対応できることと、仕事の仕組みを変えなければ達成できないことに分かれる。 例えば、スタッフ本人の意識は高く早く仕事ができるにも


(18MAR01)「先生とスタッフの姿勢が噂をつくる」

 診療所経営に大切なポイントは、患者さんから評価される先生のパーソナリティと、スタッフの気持ち良さであることは誰もが承知している。この二つの要素が地域で評価され、患者さんがリピートするかしないかが決定される。  また、同時に地域で評判が増殖し、患者が増え続ける状況をつくる要因にもなる。患者さんに媚びたり阿る(おもねる=気に入られるよ


(18JAN01)「医療機器購入はこうして決定される」(2)

 機器を使うことにより地域の他病院からの患者増についても期待できる、という記述があればさらに委員会を説得できる。診療報酬が引き下げられるリスクや、他病院に新たな医師が招聘され、機器が購入されたとしても大丈夫という予測も行えば完璧である。 投資回収期間○○年といったことや、投資によりキャッシュがどれだけ増加するかを判断基準として最終


よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

  • 私のマーシーレベルは無限大
  • 病院支援の仕組みができました
  • 会員登録無料の医業1経営支援ポータルサイト ドクタートレジャーボックス
  • 監査法人ブレインワーク
  • 石井公認会計士事務所
  • 日本企業アジア進出総合コンサルタント イフーアンドカンパニー
  • ヘルスケアアジア 株式会社
  • ACAヘルスケア株式会社
  • BLOG よい病院、よくない病院の見分け方