絶対的な成功の鍵…
活きたノウハウが
ここにあります

ホワイトボックスは、創業依頼過去100件近い医療機関の支援を行ってきました。新しい日本の病院をつくりあげるときに、私たちの経験と実績を、是非これからの医療に活かしてください。

Read more

日本の医療環境はこれから大きく変わろうとしています。多くの病院が患者を減らし業績を落とすなか、マネジメントをしっかりと行うことで存続が可能です。私たちは、複数のヘルスケアファンドと連携し、病院再生事業を行っていきます。

Read more

香港において医療介護支援の法人や海外進出支援を行う法人設立するとともに、海外進出支援のための事業活動を行う事業を行っています。現在、私たちが直接ベトナムでの事業展開を行っているだけではなく、アセアン進出を行うための一般社団法人アセアン進出支援協会を立ち上げ、アジアに出る人材育成や事業展開支援のための活動を開始しています。

Read more

社会保障費の聖域なき削減が打ち出されている医療介護では、マネジメントの巧拙が病院や介護事業存続に影響します。幹部や人材育成を恒常的に行う体制構築が、病院トップマネジメントの重要な役割です。ホワイトボックスではは病院に必要なマネジメント能力の育成を図る院長教室や事務長塾を開催しています。

Read more

日本での医療や介護マーケットは有望なマーケットの一つです。あらゆる業種において、事業拡大を図ることが可能です。医療の知識を短期間に修得し、戦略に活かすための活動を行うために、私たちは全力をあげて貴社を支援をします。

Read more

私たちはながく、医療や介護は言うに及ばず、流通業や製造業、建設業や飲食業、遊技場等さまざまな業種のコンサルティングを行ってきました。あらゆる事業が保有する目的を達成できるよう、 企業再生をも含めた事業の組み立てやオペレーション、 税務会計に関する徹底的な支援を行っていきます。

Read more

Latest Works

Loading

「日経 健康セミナー21スペジャル」掲載記事

nikkei201510_ishii_s

日経ヘルスケア「サービス付き高齢者向け住宅」 企画特集に掲載されました

20131217

月刊金融ジャーナル2014年2月号】「 高齢者市場のドアノッカーとして」 を執筆しました

201402r

平成26年11月27日付の「日本経済新聞」に、弊社社長石井友二の記事が掲載されました

nikkei20141127s

ドクタートレジャーボックス~ニュースな記事

(15NOV03)目標管理チェックシートについて

目標管理進捗チェックシート(以下チェックシート)は、目標の進捗管理を自主的に行うことで、自部署の活動の状況を各部署及び病院が自ら再認識するために作成します。本部がそれらを閲覧し、進捗状況を把握するとともに、各部署が目標を達成するための障害を発見したり、また何を支援すればよいのかを把握し、支援を実行します。上記の趣旨からは、チェック


(16JUN09)ある病院の目標管理について

  ある病院での目標管理のための資料をここでご紹介します。「なお、目標管理を1年間実施してきて理解できたことは、部署により達成が簡単な目標を設定しているところと、努力しなければ達成できない目標を設定している部署があるということです。本年度はとくに難易度の低いものについては、平均的な難易度にしていくことをお願いすることになります。 


(16MAY28)地域連携のポイント(2)

別の病院に人との関係をうまくつくれない相談員が入職しましたが、その病院は月を追うごとにみるみる紹介が減っていきました。他の病院の相談員から、「会合でも積極的に挨拶はしない、懇親会でもただ自分で飲んでいる、申し訳ないけれども紹介はできないよ」と言われたと、彼を友人にもつ職員から聞きました。もちろん、医療の質を高くすることは当然ですが


(16MAY27)地域連携のポイント(1)

ある大学病院の院長とお話したときに、私のみている病院との連携をとる最もよい方法は何かをお聞きしました。答えは、「それは君、連携室長や事務長と仲良くなることだよ」でした。人間関係ですねと言うと「そうだ」と話されました。本来連携は患者さんの最適な環境を提供することに基本があり、病院が選択されます。しかし選択肢がいくつかあるなかで最期に


(16MAY22)人材育成のポイント

時間をかけて人材育成を行うことで、より強固な運営基盤をつくれます。(1)どのような病院をつくりたいのかを明確にイメージする(2)そのために必要な人材育成計画を立案する(3)日々到達点に向けて課題を出し教育を行う(4)性格や能力に応じて異動や配置換えを行う(5)外部への接点を多くもってもらうことで成長機会を提供する(6)競わせるなど


(16MAY10)病院改革のための取組み(4)

思いだけではなく、具体的な手法が必要です。経営学は産業革命以来進化してきた社会科学です。形式を真似たり、思い付きの経営をするのではなく、経営学を知悉している者が内外にいなければなりません。理論や手法を実践して経験を積み重ねる時間もなければなりません。正しいマネジメントを行える指導者がいて、それを継承する人材が育成される。そうして病


(16MAY08)病院改革のための取組み(3)

その思いが風化したり、劣化しないように常に組織は働きかけをしていきます。マーケティングを怠らない、戦略をつくり続ける。その達成のために事業計画を立案し、医療と財政のバランスをとりながら、善の意識をもってそれを達成しようと努力する。目標管理制度や評価制度、教育のシステムがなければなりません。形式ではなく実質的にそれらが活きるためには


(16MAY02)病院改革のための取組み(2)

なぜこんなことをやらされているのだろうという思いは、こんな病院をつくりたいという思いが浸透していないことが原因です。浸透することは、誰かがこんな病院をつくりたいといっているというレベルではなく、自分もそう思う、自分もそうしたいという段階に到達することを意味しています。病院の進む方向、到達する状況を誰もが共有することが理想です。もち


(16APR25)病院改革のための取組み(1)

病院を変革することは、課題を解決することと同じ意味です。病院をどのようにしたいのかが明確であれば、現状との間に必ずギャップがある筈です。こうしたいのにできないという問題点です。問題点を解消するためにはこうしなければならない、という課題があります。課題を解決することにより、思い通りの病院をつくりあげることができます。思い通りの病院を


(16APR21)ヘルスケアファンドと不動産投資信託(2)

不動産投資信託は、土地・建物等の不動産を一定の手法により証券化し一般に広く売り出すことをいいます。対象とした不動産を自ら運用するのではなく、第三者に信託して運用し、その成果を享受するという金融商品の一つです。ヘルスケア不動産投資信託についていえば、直接ヘルスケアファンドで資金を集めて病院や介護施設に投資をして期日がくれば、それらを


よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

  • 病院支援の仕組みができました
  • 会員登録無料の医業1経営支援ポータルサイト ドクタートレジャーボックス
  • 監査法人ブレインワーク
  • 石井公認会計士事務所
  • 日本企業アジア進出総合コンサルタント イフーアンドカンパニー
  • ヘルスケアアジア 株式会社
  • ACAヘルスケア株式会社
  • BLOG よい病院、よくない病院の見分け方