絶対的な成功の鍵…
活きたノウハウが
ここにあります

    最新刊のご紹介

  • 私のマーシーレベルは無限大

ホワイトボックスは、創業依頼過去100件近い医療機関の支援を行ってきました。新しい日本の病院をつくりあげるときに、私たちの経験と実績を、是非これからの医療に活かしてください。

Read more

日本の医療環境はこれから大きく変わろうとしています。多くの病院が患者を減らし業績を落とすなか、マネジメントをしっかりと行うことで存続が可能です。私たちは、複数のヘルスケアファンドと連携し、病院再生事業を行っていきます。

Read more

香港において医療介護支援の法人や海外進出支援を行う法人設立するとともに、海外進出支援のための事業活動を行う事業を行っています。現在、私たちが直接ベトナムでの事業展開を行っているだけではなく、アセアン進出を行うための一般社団法人アセアン進出支援協会を立ち上げ、アジアに出る人材育成や事業展開支援のための活動を開始しています。

Read more

社会保障費の聖域なき削減が打ち出されている医療介護では、マネジメントの巧拙が病院や介護事業存続に影響します。幹部や人材育成を恒常的に行う体制構築が、病院トップマネジメントの重要な役割です。ホワイトボックスではは病院に必要なマネジメント能力の育成を図る院長教室や事務長塾を開催しています。

Read more

日本での医療や介護マーケットは有望なマーケットの一つです。あらゆる業種において、事業拡大を図ることが可能です。医療の知識を短期間に修得し、戦略に活かすための活動を行うために、私たちは全力をあげて貴社を支援をします。

Read more

私たちはながく、医療や介護は言うに及ばず、流通業や製造業、建設業や飲食業、遊技場等さまざまな業種のコンサルティングを行ってきました。あらゆる事業が保有する目的を達成できるよう、 企業再生をも含めた事業の組み立てやオペレーション、 税務会計に関する徹底的な支援を行っていきます。

Read more

Latest Works

Loading

最新医療経営2018年1月号 弊社社長 石井友二の対談が掲載されました

201801

「日経 健康セミナー21スペジャル」掲載記事

nikkei201510_ishii_s

日経ヘルスケア「サービス付き高齢者向け住宅」 企画特集に掲載されました

20131217

月刊金融ジャーナル2014年2月号】「 高齢者市場のドアノッカーとして」 を執筆しました

201402r

ドクタートレジャーボックス~ニュースな記事

(18DEC21)人間中心の経営(2)

「周りからなんと言われようとも情熱を持って取り組むファーストペンギンになる」。「皆がそれを認識し、ファーストペンギンを支えるフォロワーが揃えば、そこから目的をベースにした行動が生まれる」という捉え方をしています。しかし、これも優れた個人がいなければなりません。もっといえば皆がそういった自発的能動的な人でなければならないなど、一般化


(18DEC15)人間中心の経営(1)

人間中心の経営が行われなければなりません。人間中心の経営には、職員をマクロでみるのではなく、一人ひとりに光を当ててみる、という思いが隠されています。人間中心の経営には人、時間、情報、モノ、カネという経営資源そのもののうち、人を軸に組織を運営することを人間中心の経営といいます。人が中心で医療は行われるのは当たり前、労働集約型知的産業


(18DEC10)人に動いてもらう

人に動いてもらうためには、その人のニーズに合致した目的がなければなりません。その人がそうしたくないのにそうすることは困難だからです。それは仕事においても生活すべてにおいても同じです。ニーズがないときに動くのは、他の何等かの動機があります。この人のためなら、顧客のためなら、会社のためならといったことがそれらです。自分の思いと実際の行


(18DEC07)タイムマネジメント(3)

時間管理を適切に行うために、監督者や管理者は、まず自部署にある仕事の棚卸をします。仕事の全体量と質を把握し、優先順位をつけるとともにスタッフの能力を把握し、一定の時間のなかで段取りを行い、年間、月間、週間、毎日について、計画的に業務を実行しなければなりません。計画を立て、実行し、チェックをしたのち、修正し、さらに計画を立てるという


(18NOV26)タイムマネジメント(2)

上司は、常に悩みのある体調が悪いスタッフを発見し、気遣い(Kindness)をもって個別の相談や適切な処置を行わなければ、彼らは思うように力を発揮できず、求める成果をあげられません。衝突がない(Conflict)、ルールが明確(Rule)、仕事のルールの見直し(Improvement)、技術技能がある(Skill)、気遣いがある(Kindness)これらについて各事項の頭文字をとり、私たち


(18NOV20)タイムマネジメント(1)

病院業務においてより高い成果をあげるためには、時間管理(タイムマネジメント)が必要です。タイムマネジメントは、その前提整備を行うことと、それ自体に区分されます。仕事をするときに、自部署・他部署とのコンフリクト(衝突)(Conflict)があると、計画的に行動しようとしても他部署とのやり取りが円滑に行えません。また、仕事のルールが明確(Rule)で


(18NOV10)本来の接遇(3)

「高い医療の質とともに笑顔、挨拶、礼節が提供される」ことを本来の接遇という考え方を徹底している組織は、患者さんから安心され、信頼をうけ、信用される医療機関として認知され発展します。職務基準やマニュアル、教育制度、そして評価システムの早急な整備が求められています。 なお、7つの接遇要素は、他の業種でも応用できます。痛みを与えない、羞


(18NOV08)本来の接遇(2)

医療従事者は、笑顔を振りまく前に基本的な患者対応を行う必要があります。そもそも、高い質をもつ医療従事者は、自らに誇りをもち、自信をもって患者さんに接することができます。自信が患者さんへの優しさにつながり、自然に笑顔、挨拶、礼節が提供される。これが本当の医療の接遇です。医療の質はどのような視点から考えればよいのでしょう。具体的には、


(18NOV02)本来の接遇(1)

医療では、患者さんを心から慈しみ、彼らが自らの治癒力を発揮できるよう、笑顔、挨拶、礼節、すなわち接遇を欠かしてはならないといわれています。しかし接遇とはクライアントのニーズに応えることをいうのであり、いくらよい笑顔をしても医療や看護そのものを誤って提供するのであれば、目的を達成することはできません。ある病院で「笑顔で丁寧に対応して


(18OCT30)3つの教育の柱(2)

最期は自己啓発です。自己啓発は、職場内で仕事を学び、外部で知識を得たのち、さらに理解や知識を得て欲しいと組織が求めたときに、個人が自らの努力で追加的に学習を行うことを言います。自己啓発は、したがって組織のニーズに応じて行うものであり、勝手に個人が学習することすべてを自己啓発というのではない。目的を持ち、組織の支援を得て自ら研鑽する


よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

  • 私のマーシーレベルは無限大
  • 病院支援の仕組みができました
  • 会員登録無料の医業1経営支援ポータルサイト ドクタートレジャーボックス
  • 監査法人ブレインワーク
  • 石井公認会計士事務所
  • 日本企業アジア進出総合コンサルタント イフーアンドカンパニー
  • ヘルスケアアジア 株式会社
  • ACAヘルスケア株式会社
  • BLOG よい病院、よくない病院の見分け方