絶対的な成功の鍵…
活きたノウハウが
ここにあります

ホワイトボックスは、創業依頼過去100件近い医療機関の支援を行ってきました。新しい日本の病院をつくりあげるときに、私たちの経験と実績を、是非これからの医療に活かしてください。

Read more

日本の医療環境はこれから大きく変わろうとしています。多くの病院が患者を減らし業績を落とすなか、マネジメントをしっかりと行うことで存続が可能です。私たちは、複数のヘルスケアファンドと連携し、病院再生事業を行っていきます。

Read more

香港において医療介護支援の法人や海外進出支援を行う法人設立するとともに、海外進出支援のための事業活動を行う事業を行っています。現在、私たちが直接ベトナムでの事業展開を行っているだけではなく、アセアン進出を行うための一般社団法人アセアン進出支援協会を立ち上げ、アジアに出る人材育成や事業展開支援のための活動を開始しています。

Read more

社会保障費の聖域なき削減が打ち出されている医療介護では、マネジメントの巧拙が病院や介護事業存続に影響します。幹部や人材育成を恒常的に行う体制構築が、病院トップマネジメントの重要な役割です。ホワイトボックスではは病院に必要なマネジメント能力の育成を図る院長教室や事務長塾を開催しています。

Read more

日本での医療や介護マーケットは有望なマーケットの一つです。あらゆる業種において、事業拡大を図ることが可能です。医療の知識を短期間に修得し、戦略に活かすための活動を行うために、私たちは全力をあげて貴社を支援をします。

Read more

私たちはながく、医療や介護は言うに及ばず、流通業や製造業、建設業や飲食業、遊技場等さまざまな業種のコンサルティングを行ってきました。あらゆる事業が保有する目的を達成できるよう、 企業再生をも含めた事業の組み立てやオペレーション、 税務会計に関する徹底的な支援を行っていきます。

Read more

Latest Works

Loading

「日経 健康セミナー21スペジャル」掲載記事

nikkei201510_ishii_s

日経ヘルスケア「サービス付き高齢者向け住宅」 企画特集に掲載されました

20131217

月刊金融ジャーナル2014年2月号】「 高齢者市場のドアノッカーとして」 を執筆しました

201402r

平成26年11月27日付の「日本経済新聞」に、弊社社長石井友二の記事が掲載されました

nikkei20141127s

ドクタートレジャーボックス~ニュースな記事

(16FEB02)管理者会議とは

管理者会議は、経営会議で決定された経営意思決定について、具体的にどのように実行していくのかを現場で議論する会議です。現場行動決定を行うとともに、経営意思決定された事項についは必ず実行する。そのためには各部署がどのように動けばよいのかについて検討する会議です。なお、前述したように管理者会議でテーマとして議論したものを経営会議に上程す


(16FEB01)目標管理に対する本部支援

 院長は目標進捗管理を行うことにより、病院改革を推し進め、病院方針を達成する責務があります。院長はチェックシートを閲覧し、職員と話し合い、今月を振り返るとともに、来月は何をしていくのか、どう行動するのか、本部にどのようなことを伝えれば良いかを考え、指導をしていただきたいと思います。 本部は、毎月原則ヒヤリングに訪問しますが、毎月訪


(16JAN010)経営会議とは

計画された目標を基礎として、現状報告を受けてどのように目標を達成するのかについて戦略立案する機能をもちます。したがって数字の列挙だけではなく、現場からどのような状況であるのかについての情報提供が詳細に行われる必要があります。?計画と実績の相違?その原因分析?対策における代替案 について報告し、?が現実的であるかどうかを経営幹部が検討する機


(16JAN08)評価の実際

(1)目標管理制度→業績評価  病院の出した方針に対し、各部署がどのように成果をあげたのか。またその部署に所属する職員がどのように役割を果たしたのかの評価(2)人事考課制度→能力考課、情意考課、業績考課  能力が標準と比較してどうか、仕事に対する姿勢や態度はどうか、上記(1)の年間を通じた成果はどうかを評価することが評価体系である


(16JAN09)医師の情意考課(2)

病院の職員であるためには、?任された仕事は責任を持って遂行している?職場の規律を守っている?言葉づかいや所作は相手の立場にたって選んでいる?積極的に物事に取り組んでいるといった基本的な考課を行うことが必要です。これらは自明の理として評価しないということでなく、組織のなかで主導的立場にある医師が、尊敬される存在となれるよう組織としての最低


(16JAN06)課題は現場にある

(1)現場の課題を解決するための方針も、病院の方針に織り込む必要がある(2)職員は、組織がうまく機能するために、どのような課題があるのかを常に把握し、問題提起しなければならない(3)個人の誹謗中傷ではなく、組織をよい方向に向けるという正しい気持ちで、問題点を発見することが必要(4)改善提案制度をよりよく活用することも重要


(16JAN07)自ら学ぶ姿勢をもっているか

(1)今の仕事の目標を決め、自ら学ぶ姿勢をもつ必要がある (2)その行動は自分の人生を変える(3)地域に貢献できた結果として、病院が利益を得られれば、処遇も改善する(4)地域で一番の医療介護グループをつくるために皆で成果をあげていくことが大切(5)病院として、さまざまな施策を提案するが、職員一人ひとりも頑張る。双方の努力で結果をだ


(16JAN05)平等とは何か

仕事ができる人だけをよく処遇し、そうではない人をよく処遇しないということだけを中心に行うのではない。 頑張った人とそうではない人を組織のルールのなかで区別し、頑張った人にはそれなりの称賛を与え、そうではない人には、何がうまくできなかったのかを見つけ教育を施す。 それが「組織における平等」という思想である。これは評価処遇の基礎となる


(16JAN04)業務改善提案(3)

(評価)第9条 事務長は,委員会の審議の結果を参考として次の各号に掲げる事項のいずれかに決定するものとする。(1)A評価 提案内容の全部又は一部について,実施することが適当と認められるもの若しくは業務運営の向上に著しい示唆を与えることができると認められるもの(2)B評価 直ちに採否を決定することができず,更に研究を要するもの(3)C評価 実施が


(16JAN03)業務改善提案規程(2)

(提案資格)第3条 職員は,すべて単独又は共同で提案をする資格を有する(提案の奨励)第4条 各所属長は,所属職員に対し,常に提案の奨励に努めなければならない(提案)第5条 職員は、原則として毎月提案をしなければならない(評価等)第6条 改善提案書は新たに設置する業務改善委員会(以下「委員会」という。)において評価を行う2委員会は,前項の選考の結果に基


よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

  • 病院支援の仕組みができました
  • 会員登録無料の医業1経営支援ポータルサイト ドクタートレジャーボックス
  • 監査法人ブレインワーク
  • 石井公認会計士事務所
  • 日本企業アジア進出総合コンサルタント イフーアンドカンパニー
  • ヘルスケアアジア 株式会社
  • ACAヘルスケア株式会社
  • BLOG よい病院、よくない病院の見分け方