絶対的な成功の鍵…
活きたノウハウが
ここにあります

    最新刊のご紹介

  • 私のマーシーレベルは無限大

ホワイトボックスは、創業依頼過去100件近い医療機関の支援を行ってきました。新しい日本の病院をつくりあげるときに、私たちの経験と実績を、是非これからの医療に活かしてください。

Read more

日本の医療環境はこれから大きく変わろうとしています。多くの病院が患者を減らし業績を落とすなか、マネジメントをしっかりと行うことで存続が可能です。私たちは、複数のヘルスケアファンドと連携し、病院再生事業を行っていきます。

Read more

香港において医療介護支援の法人や海外進出支援を行う法人設立するとともに、海外進出支援のための事業活動を行う事業を行っています。現在、私たちが直接ベトナムでの事業展開を行っているだけではなく、アセアン進出を行うための一般社団法人アセアン進出支援協会を立ち上げ、アジアに出る人材育成や事業展開支援のための活動を開始しています。

Read more

社会保障費の聖域なき削減が打ち出されている医療介護では、マネジメントの巧拙が病院や介護事業存続に影響します。幹部や人材育成を恒常的に行う体制構築が、病院トップマネジメントの重要な役割です。ホワイトボックスではは病院に必要なマネジメント能力の育成を図る院長教室や事務長塾を開催しています。

Read more

日本での医療や介護マーケットは有望なマーケットの一つです。あらゆる業種において、事業拡大を図ることが可能です。医療の知識を短期間に修得し、戦略に活かすための活動を行うために、私たちは全力をあげて貴社を支援をします。

Read more

私たちはながく、医療や介護は言うに及ばず、流通業や製造業、建設業や飲食業、遊技場等さまざまな業種のコンサルティングを行ってきました。あらゆる事業が保有する目的を達成できるよう、 企業再生をも含めた事業の組み立てやオペレーション、 税務会計に関する徹底的な支援を行っていきます。

Read more

Latest Works

Loading

最新医療経営2018年1月号 弊社社長 石井友二の対談が掲載されました

201801

「日経 健康セミナー21スペジャル」掲載記事

nikkei201510_ishii_s

日経ヘルスケア「サービス付き高齢者向け住宅」 企画特集に掲載されました

20131217

月刊金融ジャーナル2014年2月号】「 高齢者市場のドアノッカーとして」 を執筆しました

201402r

ドクタートレジャーボックス~ニュースな記事

(18JAN01)「医療機器購入はこうして決定される」(2)

 機器を使うことにより地域の他病院からの患者増についても期待できる、という記述があればさらに委員会を説得できる。診療報酬が引き下げられるリスクや、他病院に新たな医師が招聘され、機器が購入されたとしても大丈夫という予測も行えば完璧である。 投資回収期間○○年といったことや、投資によりキャッシュがどれだけ増加するかを判断基準として最終


(17DEC20)「医療機器購入はこうして決定される」

 医療には医療機器が不可欠である。医療機器を購入するかしないか、またどのような機器を購入するのか病院は経営意思決定を行う。経営意思決定のためには、どのような手続きを経て購入し、どのように管理するのか考える。 機器を購入したい、と現場から稟議が上がる。そこに機器を購入しなければならない理由が記載されている。利用頻度や仕様(スペック)


(17DEC10)「教育と評価」(3)

何れにしても教育の結果は評価する。どこに問題があるのか、課題は何か、どうすれば、成果をあげられるようになるのかを上司と部下両者で検討する。評価が行われることで弱みや強み、そして学習テーマを持って次のステップに進める。 教育→評価→教育の連鎖のなかで、人が育成され計画達成、成果を享受することができる。そして優秀なスタッフが増えれば増え


(17DEC01)「教育と評価」(2)

 スタッフがやる気になるための戦略やストーリーを明確にしたうえで、到達点を明らかにした具体的な計画を立案する。成果をあげるために、仕事の仕組みを変え、個人の技術技能向上を図る必要があると説明しなければならない。 職場内教育は事前に整備されたマニュアルにより行う。標準的な作業やノウハウが記載されたマニュアルがなければ均一的な教育は実


(17NOV20)「教育と評価」

 診療報酬の100円自己負担増は、受診抑制を狙ったものだともいわれているが、来年の診療報酬改定により、診療所環境は厳しいものとなることが予想されている。経済情勢も予断を許さず、増税が受療率低減につながる可能性がある。私たちは足元を固め、しっかりとした経営基盤をつくりあげなければならない。 スタッフの育成がとても重要である。スタッフ


(17NOV10)「レストランの活かし方」(3)

 ながく健康で生きて人生を謳歌することが人としての幸せのひとつだとすれば、食事について気をつかう人々への医療からのアプローチはとても意味がある。 診療所として又は病院として、まず近隣にどのような食事をする場があるのかを調査しリスト化する。広報が率先して営業に回り近隣のレストランと提携し、毎月1回、さまざまなテーマで地域住民への生活提


(17NOV01)「レストランの活かし方」(2)

 あるレストランは「健康でいるためのおいしいフレンチ」といったタイトルで食事会を開く。医師のトークショーでもある。 また、他のレストランは、そもそもアンチエイジング食だけをメニューとして近隣のOLや健康管理ができないサラリーマンの人気を博しているが、そこでも栄養士の相談会があったり、また、薬剤師が「サプリのうまい使い方」といったセ


(17OCT20)「レストランの活かし方」

 医療とレストランの関係は切っても切れないものがある。医食同源がその根拠である。実際、最近のファミリーレストランには生活習慣病を意識してか、メニューごとのカロリーが書いてあるのが当たり前となった。 さすがに割烹やフレンチのお店のお品書きやメニューに同様の対応をしているところはないと思うが、食材へのこだわりにおいては、ある有名なフレ


(17OCT10)「ハインリッヒとアクシデント」(2)

 2対8の原則(パレート法則)も何にでもあてはまるように、ハインリッヒ氏が導きだした労働災害の原理はどのような事故にも該当する。 結局は分母(=異常)を減らせばよいという結論だから、アクシデント対策にも熱が入る。現場でいろいろな病院のレポートを見れば、予測可能なものや繰り返し発生するものが多く、それらをどれだけ抑止するのかが本来の


(17OCT01)「ハインリッヒとアクシデント」

 「1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在する」。労働災害における経験則の一つであるハインリッヒの法則はとても有名である。病院でリスクマネジメントの支援を行うときに、まず考えるのがこの法則である。 経験から言って、どの業態であっても、病床の2倍のアクシデント(インシデントは含まない)があり、そ


よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

  • 私のマーシーレベルは無限大
  • 病院支援の仕組みができました
  • 会員登録無料の医業1経営支援ポータルサイト ドクタートレジャーボックス
  • 監査法人ブレインワーク
  • 石井公認会計士事務所
  • 日本企業アジア進出総合コンサルタント イフーアンドカンパニー
  • ヘルスケアアジア 株式会社
  • ACAヘルスケア株式会社
  • BLOG よい病院、よくない病院の見分け方