医療周辺事業への進出

日本での医療や介護マーケットは有望なマーケットの一つです。
あらゆる業種において、事業拡大を図ることが可能です。
医療の知識を短期間に修得し、戦略に活かすための活動を行うために、私たちは全力をあげて貴社を支援をします。

Medical peripheral businesses

日本での医療や介護マーケットは有望なマーケットの一つです。両者を合わせて40兆円を軽く超える報酬が動くだけではなく、建設不動産やM&Aなどのマーケットを入れるとその額はさらに大きく膨らみます。医療機器、薬剤、医療材料消耗品、給食、人材派遣、IT業、事務用機器、事務用品費等々、実際に連関する業界は多様です。あらゆる業種が医療や介護をマーケットとして捉え、事業拡大を図ることが可能です。

とりわけ、現在の我が国は、社会保障費抑制により、現在の医療や介護のフレームワークが崩壊するなかで、新しい医療や介護のながれが生まれる時代にあります。国民皆保険制度が維持できず、混合診療や自由診療を視野に入れた医療を考える日本は、TPP参加により、医療介護マーケットに参入してくる海外の医療機関や保険会社を受け入れていくことでしょう。新しいマーケットが創出されます。

さらに、アウトバウンドとして医療の海外輸出を目論む日本の方向性を考えると、海外マーケットまでをも視野に入れた事業拡大の可能性はとても大きくなります。

このように、既存事業の拡大や新規事業を行うために、医療や介護マーケットをターゲットとすることが有効です。

(1)貴社の商製品サービスの医療介護領域への拡大可能性検討

(2)戦略立案

(3)組織組成

(4)教育訓練

(5)営業支援

といったながれが基本になります。

医療の知識を短期間に修得し、戦略に活かすための活動を行うために、私たちは全力をあげて貴社を支援をします。