事業・財務デューデリジェンス

M&Aや事業再生での事業・財務デューデリジェンスにより、対象会社のどこに事業拡大の可能性があるのか、リスクがあるのか、どのような資産・負債管理を行えば良いのか、資金調達方法を採用すれば事業価値を高められるのか。当事者が気付いていない当社の新しい着眼や視点から検討し、アドバイザリーを行います。

Business and finance due diligence

 M&Aや事業再生を行うときに、事業・財務デューデリジェンスを絶対に欠かすことはできません。

事業デューデリジェンスとは、対象企業の経営管理や事業モデル、将来のキャッシュフロー等を詳細に調査・報告することをいいます。
事業デューデリジェンスでは、沿革、経営状況、事業モデル、商品力、労使関係、事業の社会性、経営や事業に関する項目が調査の対象になります。

さらに、事業デューデリジェンスにより対象企業の外部環境やマーケットにおける位置づけ、各事業のビジネスモデル、内部資源等を掌握し、事業価値を測定するときの背景とします。なお、SWOT分析を行い、事業計画の妥当性を検討することもあります。

また、財務デューデリジェンスとは、対象企業の経営成績や財政状態、資金繰りの状況を調査・報告することをいいます。基本的に財務三表といわれる、損益計算書、貸借対照表、そしてキャッシュフロー計算書の正確性を確認し、その内容に対しコメントすることで財務デューデリジェンスの役割を果たします。

ホワイトボックス社は、公認会計士・税理士により設立された会社です。

公認会計士は通常、監査法人で会計監査や公開支援業務を行った経験をもっています。我々メンバーも、さまざまな業種で経験を積んできました。会計監査業務を行うことにより、企業の商流を理解することができます。

また、それぞれの事業の成り立ちや特性、ビジネスモデルを知り、それらの業種内での比較や、異業種間のベンチマークを行える能力を身に着けることができました。企業内外の状況を知悉することにより、事業とは何か、どのように動いているのか、また、どこに経営上のポイントがあるのかが把握できるようになります。

私たちが、M&Aや事業再生における事業・財務デューデリジェンスを行える理由がそこにあります。

実施のバックボーンなしに、会計監査の経験があるからというだけで、事業・財務デューデリジェンスを行うことは危険です。

企業支援のさまざまな経験をもち、事業デューデリジェンスの内容を見ながら財務の在り方に方向を示したり、財務デューデリジェンスから得られた情報から事業の特性やリスクを理解できなければ、的確な調査・分析はできないと考えています。

どこに事業拡大の可能性があるのか、どこにリスクがあるのか、どのような資産・負債管理を行えば良いのか、また資金調達方法を採用すれば事業価値を高めることができるのかを考え、結論を出す必要があります。

事業再生を行うにあたり、当事者が気付かなかったポイントのアドバイザリーができなければ当該報告書の意味はないし、またM&Aに新しい着眼や視点がうまれないデューデリジェンスでは価値がないのです。

当社の事業・財務デューデリジェンスにご期待下さい。