最新刊のご紹介

サクセスキューブ このフレームワークであなたも必ず成功できる

  • サクセスキューブ このフレームワークであなたも必ず成功できる
タイトル:サクセスキューブ このフレームワークであなたも必ず成功できる
出版社:幻冬舎
発売日:2018年9月6日
ISBN-10:4344033582
ISBN-13: 978-4344033580
amazon-logo_JP_black
第1章成功のフレームワーク【サクセスキューブとは何か】
成功とは何か/成功には大小がない/成功を繰り返すことで得られるもの ほか
第2章成功のための6つの要件【サクセスキューブ基礎編】
思いを信念に変える/豊かな人間力がなければ、はじまらない/達成感を得られなければ成功しない ほか
第3章サクセスキューブを身につける【サクセスキューブ解説編】
サクセスキューブのフレームワークに習熟する/キューブは徐々にうまく早くできるようになる/満足を早く得られる理由 ほか
第4章サクセスキューブをどう使うか 【サクセスキューブ実践編】
日々の仕事をキューブに当てはめて行ってみる/キューブの大きさ/善のサクセスキューブをつくり続ける ほか
第5章人生のサクセスキューブ
人生のキューブと日常のキューブ/最期の人生のキューブ/会社もキューブそのもの ほか

成功のための枠組みつくりました

 人は誰でもうまくやりたいと思って行動しています。やりたいことややらなければならないことがあるからです。どのようにすれば、うまくやれるのか、満足できるのか、そして達成感を得ることができるのかを考えることが大切です。

 まずは、何をしたいのか、しなければならないのかについて、思いをもつことが必要です。ただ、思っただけでは何も解決しません。思いを信念に変えることが必要です。これは俺にしかできない、私がやるんだという意志がなければ行動につながらないからです。これをやらなければと思い続けても行動につながらなければ物事は達成しません。

 なので、思いの次に信念が必要であると覚えておかなければなりません。次に何かをするときには技術が必要です。技術を身に付ける必要があります。技術にはどのようなものがあるのかについては様々です。何をしなければならないのかにより当然変わりますよね。それを列挙してチェックしなければなりません。そして重要なのは、人間力です。

 人は一人で生きているのではありません。多くの人に支えられて、またあるときにはこちらが助けながら何かを行い、生きています。ですから、どれだけ相手のことや社会貢献することを考えて行動するかにより大きく成果は異なります。何かを成し遂げるときの人間性がとても大切になるのです。

 もちろん、技術や人間力を身に付けるときには第三者とコミュニケーションをとらなければなりません。さらに何かを伝えるときにもコミュニケーションが求められます。コミュニケーションがうまくできなければ、ことは成就しません。成功のためには、思いと信念、技術と人間力、そしてそれらをコントロールするコミュニケーションが必要だという結論です。結果達成感を得る。思い、信念、技術、人間力、コミュニケーション達成感を6つの成功の要件としています。

 しかし、これらを日常的に活用するためには、自分の行動に容易に反映させる方法を考えなければなりません。そのために、サイコロを道具として使います。サイコロは1から6までの数字が振ってある正六面体ですが、あるとき、サイコロの目を一つひとつたどると、上記の6つの成功要件を表すことができることを発見しました。そもそもサイコロは遊具ではなく、我々を成功に導くための道具であったという仮説です。

 これをサクセスキューブと名付けました。何かをしたいとき、しなければならないとき、サクセスキューブを頭に思い浮かべます。一つひとつ振られた目にそって、1思い→2信念→3技術→4人間力→5コミュニケーションとサクセスキューブをつくりあげていくと、そのでき具合により満足が溜まりキューブが完成したときの、6達成感がつくられキューブが完成します。

 人の器もキューブであり、もってうまれた箱に、日常のキューブ(サクセスキューブ)を埋めながら生きています。自分の器を大きくすることも、せっかく持って生まれた自分の器にサクセスキューブを埋めきれず、器を使い切らずに最期を迎える人もいます。自分の器をイメージし、日頃からたくさんの思いをもちながら行動し成果をあげ続けていく必要があると考えています。

 もちろん、うまくいかないことも凹むときもありますが、サクセスキューブ、そしてキューブの6要素を常に思いうかべて行動することが人生を充実して生きるポイントです。

 実は、人もキューブのかたちをしていて、思いは足に意識し、信念は背中に現れます。そして左腕は技術、右腕は人間力(君は私の右腕だというときにはたいていその人の人間力を買っています)、顔や胸、腹など正面はコミュニケーションを図る面であり、達成感は頭で感じるものだという仮説です。

 基本的に人間はキューブを表しているという結論です。鏡を見ながら、また意識をしながら自分がキューブであり、いくつかある思い事にどこまでキューブができているのかを考え、不足するところを見つけて行動につなげるように自分を鼓舞していくことが有効です。

 思いを達成するためにはキューブの概念を覚える、そして自分自身がキューブを化体(けたい)していると、受容れることが重要です。

 なお、会社もキューブです。社員が一つ一つ仕事の成果をあげて、やらなければならないこと、やりたいことのキューブを完成させ、社長の器で設立された会社のキューブに入れる活動が日々行われています。キューブを完成し、会社のキューブに入れて積み上げていくことで、会社も当初の器を大きくして会社を成長させることができます。

 もちろん、せっかくの会社の器がありながら、器をつかいきれずに終わってしまう会社もあることでしょう。(もちろん、この文脈での会社は病院やクリニックに置き換えて考えなければなりません)。キューブづくりをしっかりと理解して、行動する社員(職員)が多ければ多いほど、会社が大きくなることがよく理解できます。ということを詳しく書いた本を出版しました。電子ブックもあります。

平成30年9月吉日
石井 友二

著者について

公認会計士、税理士。中央大学卒業後、現あずさ監査法人で上場会社監査を行い、現みずほ信託にてプライベートバンキングや企業コンサルを行った後、同社コンサルティング部室長を経て独立。2003年にコンサルティング会社ホワイトボックス株式会社を設立。全国の数多くの病院や診療所等、一般企業へのコンサルティングを実施。一般社団法人アセアン進出支援協会にてASEAN10か国の調査を行い、ASEANへの進出支援を行う。また、2016年に医師とともにホワイトヴィークル株式会社を設立し、全国の病院再生事業開始。